アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
イーのブログ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
東京を歩こう 
東京を歩こう                        Metropolis Tokyo     Japan’s capital, Tokyo, is an economic, political, and cultural center. It has approximately 12 million residents, or 10% of the total population of Japan. A great number of people also travel to work in To... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/14 05:47
「東京を歩こう」ついに始める
                      A Walk in Tokyo!    Metropolis Tokyo    Tokyo’s History    A walk in Tokyo! @. Tokyo’s entry, outskirts of Tokyo Station A. The center of politics Kasumi Ga Seki B. Experience Edo Asakusa, Ryogoku, Ueno        Birthpl... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/14 05:33
今学期のプロジェクト ー 伊藤左千夫について
皆さんが「野菊の墓」を読みましたか。話の自身とか使った言葉とかに対して、どう思いますか。 今学期の学期プロジェクトは「野菊の墓」の作者伊藤左千夫について、彼の人生、性格、教育、と書いた作品を調べるつもりです。短い伊藤左千夫を紹介する記事を書いたけれど、プロジェクトにはもっと深いことを話したいです。 皆さんは何か知りたいことがありますか。あれば、絶対に教えてください。 皆さんのプロジェクトを楽しみにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 23:18
野菊の墓 終わった!
    今日、野菊の墓を全部ブログにポストしました。7は最後の話です。     今日、少し「野菊の墓」について、調べました。Wikipedia で「野菊の墓」の原版を見つけたそうです。話は大体同じだけれど、書き方は違うと思います。原版の法が難しいけれど、私がポストしたのよりきれいな言葉で書いていたと考えます。     時間があったら、原版も読んでみてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/02 10:56
野菊の墓 7
                           7     As soon as the sun came out I rushed out of the house with only my face washed, and ran the 8 kilometers to Tamiko’s house. Tamiko’s grandmother saw me when I got there and came out.     “Well, you came. I’ve been ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 10:42
野菊の墓 6
                            6     Half a year quickly passed. I still can not forget about what happened on June 22.     While still in class, I received a telegram from home telling me to return home immediately so I hurried back.     It was al... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 10:30
野菊の墓 5
5 Even though I was at school, I was thinking about Tamiko all the time. I often told myself to stop doing that, but I would soon think of her again. The only time that I could leav... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/28 04:49
野菊の墓 4
4 The day before I went to school I wrote a letter to Tamiko, and gave it to her when we met that night. I told her to read it after I leave. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/11 10:01
野菊の墓3
3 At my village, we had to finish all of the works in the fields before autumn festival. One day, Tamiko and I were asked by mother to pick cotton. Both of us were surp... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/11 09:55
次の読み物
今まで英語に翻訳した話だけポストしているが、「野菊の墓」を全部ポストした後、日本の内容もポストするつもりです。そして、本の中にある絵もみなさんに見せます。 次のプロジェクトはもう決めてしまいました。「東京を歩こう」という東京のいろいろな面白い場所を紹介する本です。皆さんがたぶん東京についてたくさん知っているが、また何か知らないことがこの本の中に載せているだろうと思ったので、翻訳してみます。写真と絵もいっぱいありますよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/27 06:17
野菊の墓 2
この章の内容、特に人物の言葉、は翻訳しにくかったので、そんなにいい話と感じないかもしれません。でも、この話は実にとても面白くて、悲しいから、読み続けてみてください。              ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/27 06:05
野菊の墓の作者―伊藤左千夫
下の伊藤左千夫の紹介は「野菊の墓」と同じ本の中に乗っています。私の研究ではありません。                                       Itou Sachio (1864-1913)     Itou Sachio was born into a farmer’s family in Chiba prefecture.     At age sixteen, he was admitted into Tokyo’s Meiji Law School (now... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/25 04:55
野菊の墓 1
今から毎週「野菊の墓」を翻訳して、英語で話をポストする。皆さんが読んで、何か質問があれば、ここがちょっと変で、こんなに翻訳したほうがいいところが見つければ、絶対に私に教えてください。そして、Formatはちょっと変みたいで、すみません。                                 Grave of the Wild Chrysanthemum                            1     There is something that I would... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/22 23:42
野菊の墓
皆さん、「野菊の墓」と言う小説を知っているか。それは伊藤左千夫のとても感動的な話だ。この話を皆さんに紹介したいから、今日本語でサマリーをポストする。そして、後で翻訳して、英語で話をも一度ポストするつもりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/14 07:08
今学期のプロジェクト
今学期、日本語を勉強している理由も勉強し方もいろんな考えて見た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/07 07:47
サンクスギビングの後
皆さん、サンクスギビング休みから学校に戻ってきましたか。休みはどうでしたか。良かったらいいですね。 私は今日の午後友達と一緒にニューヨークから戻りました。休みには宿題のこと何もしませんでした。買い物をたくさんしたので、うれしかったですけれど、昨日先生に電子メールを送ってくれて、レポートで悪い成績を取ったことが分かるようになったせいで、昨日から気分が悪くなりました。今またとても悲しく感じます。 サンクスギビングの後、もっと忙しくなるはずなので、全然楽しみじゃありません。家に帰りたいですが、それ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/26 08:57
色・戒
週末には友達と一緒に「色・戒」という中国の映画を見に行った。 その映画はAng・Leeが導いた映画だ。その中で、中国と香港と台湾でとても有名で、人気があるアクターと歌手が出ていた。私はLee・AngとTony・LiangとWang・LeeHongが大好きだから、絶対に見に行くと思った。一方、見た後、女の主人公が好きになった。新しい役者だったのに、とても自然に出演したので、感心した。友達も彼女の出演が大好きだった。 行く前にウェブや新聞や友達からその映画で激しい性があると聞いたが、そんなに激し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/11/07 11:45
紅葉
秋は私の一番好きな季節だ。秋に気温が涼しいし、紅葉もきれいし、素敵な季節だと思う。 子供のころから、多くの秋について書いた詩と作文を読んだり、書いたりした。その中に、紅葉はとても人気があるテーマだった。 昔から、紅葉は詩人にインスピレーションを与えられていた。詩人は紅葉を使って、たくさん詩を書いた。その一つは中国でとても有名だ。 「停车坐爱枫林晚,霜叶红于二月花」 それは「山行」という中国の古詩の半分だ。「止めて、楓林... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/29 08:14
月について
中国では月についていろいろな話があります。その一つを話したいです。 昔々、空には太陽が十個あったといいました。太陽が多すぎたので、雨はぜんぜん降られなくて、何も育ちませんでした。これのせいで、人間の生活はとても大変でした。「どうすればいいのか」みんなはそう考えました。 そして、ある日「ホウ・イー」と呼ばれる男の人は弓と矢を使って、九個の太陽を下に発射しました。彼のおかげで、その後太陽は一つしかないので、人間の生活はよさそうになりました。彼に感謝するために、神様は褒賞を上げました。その褒賞は人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/29 06:15
トリックアート
今週はクラスでトリックアートについて面白いことを習った。クラスの後、だまし絵の美術館のウエブサイトに行き、いろいろなトリックアートの作品を見た。とてもすごかったと思った。多くの作品があったが、私が一番好きな作品は道路の真ん中に書いたトリックアートだ。そんな絵は道路の真ん中に色や影や光を使って立体的で、現実的みたいな絵を書いたとの事だ。ちなみに、こんな絵の上に立てたら、場面の一員になるようだ。例えば、スパイダーマンの絵の煉瓦の上にひざまずくとスパイダーマンに助けてもらう見たいだ。そして、5コマトリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/10/12 08:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

イーのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる