イーのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 月について

<<   作成日時 : 2007/10/29 06:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国では月についていろいろな話があります。その一つを話したいです。
昔々、空には太陽が十個あったといいました。太陽が多すぎたので、雨はぜんぜん降られなくて、何も育ちませんでした。これのせいで、人間の生活はとても大変でした。「どうすればいいのか」みんなはそう考えました。
そして、ある日「ホウ・イー」と呼ばれる男の人は弓と矢を使って、九個の太陽を下に発射しました。彼のおかげで、その後太陽は一つしかないので、人間の生活はよさそうになりました。彼に感謝するために、神様は褒賞を上げました。その褒賞は人間を取ると、死なないようになる薬でした。でも、一人だけ取られます。
ホウ・イーは「嫦娥」と呼ばれる奥さんがいました。彼女と別れたくなかったので、その薬を取らないことにしました。でも、嫦娥はその薬が欲しかったです。いつも若くて、死なないことはすごいと思っていましたから。それから、ホウ・イーがいなかったのある日、彼女はその薬を取りました。
でも、驚いたことに、彼女が軽くなって、空に浮きました。
最後、月に着いて、そこでいつも薬を作っている兎といつも木を切っている男の人と一緒に月に住むことになってしまいました。後悔するようになったけれど、もう月の他にどこにも行けませんでした。
ですから、今にも満月の時嫦娥と兎と男の人を月で見えるようですよ。私は兎と嫦娥だけをまったことがありますが、その男の人はぜんぜん見ませんでした。
今度、やってみてください。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
月について イーのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる